読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
スポンサードリンク

味噌汁と綾波レイ

エヴァンゲリオン 考え方 社会
社用PCに味噌スープを、思いっきりこぼして
起動不能にしました。  
ハードディスクは生きていたので、新pcに移植。
復活しました。  

ごめんね、おれの社用pc。 とてもお世話になりました。 徹夜の現場も、一か八かのプレゼンも一緒だった。 本当にありがとう。
心から申し訳ない。

よろしく二代目。
データも。ショートカットも。 そのままなんだ。
何の違和感もない。

記憶ってなんなのだろう。
何が入れ替わって何が残るのだろう。
記憶が生きればその物は生き続けるのだろうか。

その時僕は綾波レイのことを考えていた。
代の変わった綾波レイ
過去のことは何も知らない。

でも、周りは彼女のことを、知っているのだ。
何も知らない彼女は  過去の彼女のように
使いこなせる。

一つ前の彼女の、コンデンサが焼き切れたことなど
何もなかったように。

なんだかとてもかなしかった。